横浜綜合法律事務所 コラム

吉田 進一「3年後の風」

ソチ・オリンピックが終わり1年近くが経ち、早くもウインタースポーツは次のシーズンが佳境に入っております。オリンピックで活躍したスキージャンプの髙梨沙羅選手は、ワールドカップ8連勝こそなりませんでしたが、第2戦、第3戦で連勝するなど、その雄姿は相変わらずです。
髙梨選手は、昨シーズン、ワールドカップ13戦中10戦で優勝するという圧倒的な強さでオリンピックを迎えました。しかしながら、オリンピックでは4位と、髙梨選手にとって不本意と思われる結果となりました。
ところで、スキージャンプは、一般に、ウインドコンペンセーションを考慮してもなお、向かい風が有利とされています。そして、オリンピックで、髙梨選手は、出場した30選手中、27位だった選手に次いで2番目に不利な風の中でのジャンプを余儀なくされました。
しかしながら、高梨選手は、競技終了直後のインタビューで、オリンピックは、「やはりどこか違うところがあるなと感じました。」と答えており、風の影響については言及していません。1本目は、出場選手中最も不利な風の中、トップと僅差の3位につけていたのですから、2本目だけでいえば9位という結果をみれば、やはりどこか違ったのかもしれません。昨シーズンのワールドカップを、最終的に18戦15勝という驚異的な成績で終えた髙梨選手にとって、どんな風であっても、自分がもっといいジャンプをしていたら、という思いだったのでしょう。今シーズン前のインタビューでも、オリンピックの結果について、「どうしようもなく悔しい気持ちをどこにぶつけたらいいのか、もやもやした気持ちがある。」「もっともっと自分の技術を磨いていかなければいけないと思いますし、精神面も強くしていかなければいけない。」と答えており、3年後のオリンピックこそ、どんな風が吹こうとも、支えて下さる人たちにより良い結果をお見せする、という決意のようです。
とはいえ、3年後のオリンピックでは、とびきり良い風が吹いてほしい、その風の中を、「わたしのジャンプみてください!」(とつぶやきながらアプローチを組むそうです)と、大観衆の中に高く飛び出していってほしいと願っています。

2月 12, 2015

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る