横浜綜合法律事務所 コラム

左部 明宏「最終講義」

去年の11月に、司法研修所の最終講義を行った。8月からA班B班と2か月づつ、合計4か月間に亘って実施された集合修習が無事終了したことになる。それぞれ2か月間、民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護、刑事弁護の5教科について鍛え込まれた修習生も大変であっただろうが、教壇に立って教える方もとても大変であった。最終講義では、これから法曹になる修習生に対し、先輩弁護士として最後のメッセージを送った。教え子たちは、私の贈る言葉をどんな気持ちで受け取ってくれただろうか。
あとは、5日間に亘り実施される通称二回試験(修了試験のようなものである)に合格すれば、修習生は晴れて法曹資格を取得する。修習67期の私の教え子の修習生は2クラスで合計141人。教え子達が法律家として世に羽ばたいて行き、活躍することを祈るばかりである。

3月 9, 2015

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る