横浜綜合法律事務所 コラム

鶴井 迪子「ゴルフ」

私は一昨年、ゴルフを始めました。
中学高校はバドミントン、大学はテニスと、コート内を走り回る対戦型の個人競技に慣れ親しんでいた私にとって、ゴルフは未知の大人のスポーツでした。
始めてみると、広いフィールドでのびのびとプレーする気持ち良さ、独特の優雅さが新鮮で、またそれまで見向きもしなかったプロの大会の中継や有名選手のニュースも思わず手を止めて見てしまったりと、早くもゴルフの世界に引き込まれていく気がしていました。
一方で、同じ球を打つスポーツとはいっても、やはりテニスやバドミントンとは全く異なり、しかもそれらのスポーツは練習した分上手くなるような感覚でしたが、ゴルフはそうもいかないようで、二人のボスや兄弁姉弁の華麗なプレー姿を見ながら、練習したりコースを回ってもなかなか上達しないことに歯がゆさを感じていました。
そんな折、先日弊所で開催された事務所コンペで、思いがけず初優勝という結果になりました。
もちろん、ハンディキャップが相当ついているからです。
それでも、初バーディーを達成したほか、前回は同じハンデで最下位だったはずで、自分なりに大躍進というわけです。優勝という響きはピンとこないものの、また何故そのような躍進を遂げたのか分からないものの、やはり嬉しく、やる気も俄然出て来ました。
つくづく単純だなあと思いつつ、次はいつ練習に行こうかなあと考えています。
なかなか伸びないなあと思ったらある時ふっと打てるようになったり、うまくいったと思ったら分からなくなったり。そういった思い通りにならないところも、多くの人々を長い間虜にする魅力となっているようです。
ゴルフは、メンタルの部分も、他の競技以上に大きく影響するとのこと。
とある上司は、有難い親心故か「ボスが後ろから自分を見ていると、緊張して途端に調子が悪くなるんだよね」と呟きながら、私の後ろに立ちます。
まだ足を踏み入れたばかりで、課題も山のようにありますが、精神面技術面ともに鍛えつつ(鍛えられつつ)、ゴルフの楽しさにはまっていきたいと思います。

3月 20, 2015

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る