横浜綜合法律事務所 コラム

佐伯 昭彦「事務所移転」

5月9日より、長年慣れ親しんだスカーフ会館から横浜情報文化センターに事務所を移転しました。ゴールデンウィーク前後は、移転作業等もあり、バタバタしており、依頼者の皆様にもご迷惑をおかけしたかと思いますが、お陰様で作業自体は順調に進み、無事完了することができました。
新事務所は、日本大通りを挟んで裁判所の目の前にあり、みなとみらい線日本大通り駅の3番出口(情文センター口)から直結という抜群のロケーションにあります。
一部の方からは、スカーフ会館時代はJR・横浜市営地下鉄関内駅から約5分だったのに、情報文化センターになって約10分になってしまったと不満の声もないわけではありませんが、総じて良い感想を頂いております。
少し横浜情報文化センターのことを紹介させて頂くと、建物は、旧横浜商工奨励館を再利用した4階建ての旧館部分と新たに造られた12階建ての新館部分から構成されており、旧館部分は平成11年2月に横浜市認定歴史的建造物に認定されております。
ビルはオフィス専用のビルではなく、複合施設となっております。1階には、ミュージックレストランの「アルテリーベ」とイタリア料理の「ランチャンアベニュー」が入っており、2階から5階までには、日本新聞博物館(ニュースパーク)と放送ライブラリーがあります。放送ライブラリーは過去のテレビ放送を無料で視聴できるブースがあるそうで、私はまだ行ったことがないのですが、視聴できる番組数も約3万と多く、お得感が満載のようです。
一方で、オフィスビルではないことからビルの入口が複数あることに加え、エレベーターが東西の端にあるため、11階にある当事務所までなかなか辿り着けないという難点があります。初めて当事務所に来られる際には少し迷うかもしれませんが、そのときは1階のロビーの至るところに警備員の方がいらっしゃるので気兼ねなくお聞き下さい。
ビル周辺に目を向けると、日本大通は歴史的建造物も多く、とても雰囲気が良いため、テレビドラマなど撮影場所として使われることが多く、新事務所に移ってからも何度か撮影のシーンを目撃しました。
当事務所は、このような特徴を持つビルの11階にあります。上階にあるため、窓からの眺めがとてもよく、執務スペースにある海側の窓からは、みなとみらい、赤レンガ倉庫、大桟橋、ベイブリッジなどの横浜の観光の名所を一望することができます。
先日、横浜開港祭が行われましたが、窓から花火がとても良く見えたそうです。後輩のI弁護士が撮影した写真を紹介させて頂きます。

心機一転というわけではありませんが、このような素晴らしいビルで今後も業務に励みたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

7月 20, 2016

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る