横浜綜合法律事務所 コラム

Jリーグジャッジリプレイ

Jリーグジャッジリプレイという番組をご存じでしょうか。サッカーに興味が無い方には馴染みがないかと思いますが、週末に行われたJリーグの試合の中で審判のジャッジが問題となったシーンについて、翌週の月曜日に、審判委員会の方を交えて議論をするというものになります。
私自身は、小学校からサッカーをやっていますので、それなりにサッカーのルールには詳しいつもりでいましたが、この番組で、改めて、ルールの解説を聞いたりすると、意外とルールを間違って理解していたり、ルールが改正されていたりすることもあって、興味深く見させてもらっています。
贔屓のチームに不利なジャッジがされた時には、その審判に腹を立てたりするのですが、この番組の解説を聞いてみると、実は、ナイスジャッジで、私の非難は的外れだったということも多々あります。
ルールの正確な理解を欠いたことによる的外れな非難ということは、サッカーに限らず、日常生活でもあるのではないでしょうか。
自分自身の仕事の上でも、早計に結論をだすのではなく、一度、ルール(法律)の理解に欠けるところはないのか、自らに問いかける姿勢を持ち続けようと改めて感じる次第です。

8月 20, 2021

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 事業再生・事業承継・引退支援
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る