横浜綜合法律事務所

松田 隆宏「主婦休損について」

ある土曜日のこと。妻が友人の結婚式に出席する予定があるということで、私が、1日、1歳半になる息子の世話と家事を引き受けることになった。

午前6時半頃に息子とともに起床し、朝食の準備をして、息子に朝食を食べさせる。納豆はよく食べてくれるが、白米は進まず、苦戦。1時間程度かかってしまう。
午前8時前に、ごみ出しをし、洗濯機を回す。洗濯が終わったら、慣れない手つきで洗濯物を干す。ああ、30分もかかってしまった。この間、退屈している息子に、録画していた幼児向け番組を見せて何とか耐えしのぐ(駄目な父親だ)。
午前10時頃、息子が幼児向け番組に飽き始め、玄関で靴を履こうとする仕草を繰り返すので、息子と近所の公園に出かける。息子と一緒に、公園で鳩を追いかける。

正午前に帰宅し、息子の昼食の準備をして、昼食を食べさせる。昼はレトルトになってしまった。夕食は、ちゃんと自炊するからね。
昼食を食べて少し休憩したら、昼寝のために息子を寝かしつける。私も一緒に少し昼寝。
息子が起きたら、部屋に掃除機をかける。息子がコンセントを抜くというお手伝いをしてくれてなかなか進まない。
午後3時頃、近所のスーパーに息子を連れて夕食の買い物に行く。息子にねだられて、アンパンマンの野菜ジュースを買ってしまった。妻には内緒にしておこう。

午後5時頃、洗濯物を取り込み、夕食の準備をする。さつまいもと白菜、にんじん、豆腐の味噌汁を作った。なぜかもう午後6時だ。あとは、しらすと里芋の煮物だ(出来合いの)。
午後7時頃、息子と一緒に入浴する。最近、一緒に入浴すると、息子は、なぜか私の足だけタオルで洗ってくれる。息子がしゃべれるようになったら理由を聞いてみよう。
午後8時頃、歯磨きを嫌がる息子と格闘し、何とか就寝。やっと1日が終わった。
いや、まだ洗い物とアイロンかけ、洗濯物たたみが残っているではないか。家事労働に定時などない。
午後10時頃、何とか1日の家事を終えたところで、妻が帰宅。

交通事故による損害賠償において、家事労働者の場合には、いわゆる「主婦休損」として、傷害のため、家事労働に影響が生じた期間につき、女性労働者の平均賃金額を元に、家事労働の休業損害として賠償がなされる。
これを金額にすると、1日あたり、1万0211円(平成27年度賃金センサス)になる。
これを高いと思うか、安いと思うかは、人それぞれだと思うが、少なくとも、私は、もう少し高くてもよいのではないか、そう思ったある土曜日の夜であった。

4月 25, 2017

成年後見・財産管理「成年後見の事務の円滑化を図るための法改正」を追加いたしました。

新しいトピックを追加いたしました。
該当のトピックはこちらよりご覧ください

2月 17, 2017

成年後見の事務の円滑化を図るための法改正

「成年後見の事務の円滑化を図るための民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」が平成28年10月13日より施行された。

改正のポイントは、①本人宛の郵便物を成年後見人への転送が可能になったこと、②本人の死後の事務について成年後見人の権限が定められたことの2点である。

まず、①についでであるが、成年後見人は本人の財産を管理しなければならないところ、身近な親族などがいない場合、どこにどんな資産を保有しているのかわからないことがよくある。そのような場合、本人宛に届く郵便物を手掛かりとして、銀行や証券会社との取引の有無などを調べることになる。しかし、これまでは本人宛の郵便を成年後見人の下へ転送する制度がなかったため、成年後見人が定期的に本人の自宅へ郵便物の確認に行かなければならなかったり、本人が介護施設に入居しており住民票所在地にすでに自宅がないような場合、本人の財産の把握に支障が生じていた。そこで、家庭裁判所の審判によって、本人宛の郵便物を一定期間全て転送する制度が設けられたのである。

次に、②についてであるが、本人が亡くなった場合、成年後見人の任務もその時点で終了するのが原則である。したがって、本人の死亡後は、管理していた財産を相続人に引き継ぐ以外のことはできない。しかし、相続人がいなかったり、疎遠で連絡がとれなかったりすることがある。その場合、一番問題となるのは亡くなった本人のご遺体をどうするのかということであった。そのまま放置するわけにもいかないため、これまでは法律的な根拠が曖昧なままで、やむを得ず、成年後見人が火葬や埋葬を業者に依頼し、その費用を支出することがあった。そこで、今回の改正により、家庭裁判所の許可を得て、成年後見人が本人の死後に火葬や埋葬といった手続きをとることができるようになったのである。その他に、本人の債務(医療費など)の支払いも可能となった。

今回の改正によって成年後見の事務手続がより円滑に遂行されることが期待されている。

2月 17, 2017

鶴井 迪子「弁護士の役割」を追加いたしました。

新しいコラムを追加いたしました。
該当のコラムはこちらよりご覧ください

1月 20, 2017

鶴井 迪子「弁護士の役割」

皆さんは、弁護士についてどのようなイメージを持っているだろうか。
弁護士事務所に行くというのはもうよっぽどのトラブルで、おいそれとは相談できない。
弁護士が入ったらもう裁判しか道はなく、相手方と最後までバチバチ戦うことになる。
こんな思いを持っている人は、意外とまだ多いのではないだろうか。

もちろん、我々弁護士が入ったからには、最終的には訴訟等法的手続も厭わないというのが基本であり、ご想像通り相手方に厳しい態度で臨むことも多い。
ただ、紛争というのは本当に千差万別であり、また依頼者である企業や個人の望み悩みもそれぞれである。
依頼者の話と相手方の話を聞いてみると、何のことはない、ちょっとした行き違いで関係が硬直化してはいるものの、双方の見解にそれほどずれはなかったことが分かり、すぐに解決できるといったこともあるし、単に片方があるいは双方が感情的になっていただけで、弁護士が入って落ち着いたことで和解に至るケースもある。
また、訴訟になった場合のメリットデメリットについてそれぞれの弁護士からアドバイスを受けた双方当事者が比較考量を行い、時間をかけて訴訟をするよりここで解決した方が双方にとって良いだろうとの結論に至ることもある。
更に言うと、訴訟を提起した場合でも、裁判所が一方的に下す「判決」まで行かず、双方当事者合意のもとなされる「裁判上の和解」で紛争が終結するケースも多々ある。
人間誰でもできれば他人と険悪な関係にはなりたくないであろうし、争いを好まない日本人の性格も影響しているかもしれない。

我々弁護士は、当然のことながら、争いや勝負をすることが目的ではなく、依頼者の利益のため、紛争解決のために尽力する。相談に来ていただいた依頼者の望みをかなえるにはどんな法的手段が考えられるか、そしてその中からどの手段を取ることが良いのか、弁護士の関与の是非も含め手続的、金銭的、時間的、物理的その他あらゆる観点からアドバイスをさせていただいている。
自らの仕事を敢えて減らそうなどというつもりはないものの、「お金を払って弁護士を入れる前に、もう一度当事者間で●●という話をしてみてください」というアドバイスをさせていただき、結果「当事者間で円満に解決が出来ました、ありがとうございました」というご連絡をいただくこともある。

法律事務所に赴いたら最後、と気負わず、ご自身の企業が抱える問題、個人の皆様にふりかかってきたトラブルでお悩みの事があれば、ぜひ一度相談に訪れていただければと思う。

1月 20, 2017

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る