横浜綜合法律事務所 コラム

楠瀬 健太「ペットの治療費」

昨年末のこと、家で飼っている犬(ウェルシュ・コーギー/13歳♂)が体調を崩してしまいました。
いつもは散歩に行く素振りを見せれば家を走り回るのですが、一向に寝床から起き上がらず、餌も全く口にしなくなってしまいました。
家族だけでは騒ぐばかりで何も解決できず、近所の動物病院に連れて行くことになり、一日がかりで栄養補給のための点滴を打ってもらい安静にさせるという毎日を送りました。
結局、数週間経つとケロッと餌を食べ始め、いつものように走り回るようになったのですが、両親から治療にかかった金額を聞き驚愕しました。なんと数十万円です。
かけがえのない我が家の一員、お金の話をするのはどうかと思いますが、彼の購入価格の約5倍の金額でした。
前置きが長くなってしまいましたが、そんなこともあり、今回のコラムは、「ペットの治療費」が法律上どのように扱われているのかというテーマで書きたいと思います。
たとえば、ペットが自動車に轢かれてしまい、治療費がかかったと場合、その際に飼い主は、車の運転手に対して、治療費全額を請求できるのでしょうか。
まず、前提として、日本の法律上、動物は「物」として扱われます。
そして、物の損害賠償においては、その物の時価を超えて損害賠償をする必要はないというのが日本における原則です。
したがって、うちの犬のように治療費に数十万かかった場合、日本においてはよほど高価な犬でないかぎり、治療費全額の請求をすることはできないということになってしまうのです。
ペットを家族同然に感じている人からすれば、全く納得のいく結論ではないですが残念ながら日本の法律ではこのような結論になってしまいます。
では、ペットの先進国であるヨーロッパではどのような扱いがなされているのでしょうか。
動物福祉の先進国と言われているドイツでは、そもそも動物は「物ではない」と法律に明記されています。
また、動物の治療費についても特別な規定があり、動物の時価を超えて治療費が発生したとしても、高額であるため不必要ということにはならないとされているのです。
したがって、ドイツでペットが交通事故に遭った場合には、時価を超える治療費全額を請求できる可能性があることになります。
近年は、民間ではペット保険などペットを特別なものとする扱いが広がってはいるものの、上の例にも表れるようにペット先進国との間では未だ法律や考え方に差があるといわざるを得ない状況です。
ペットを愛する者として、日本でもペットに関する制度や法律が整備されることを願うばかりです。

3月 29, 2018

青木 貴則「旅先でのふとした疑問」

通りに立ち並ぶ数々の飲食店。
陽気な店員と賑やかな老若男女。
そこは、1年過ごしてきた日本大通りの飲み屋街ではなく、スペインサンセバスチャンの旧市街。

昨年結婚し、年末年始に新婚旅行に行った。手配から全て妻に任せきりだったが、行き先はバスク地方。
フランスとスペインの国境をまたいで存在する地方で、独自の文化を形成している場所である。妻によると、美食の街だとか。飲食へのこだわりの強い私達にうってつけの場所ではないか。

スペインのバル巡りは想像を遥かに超えて楽しかった。
長居は無用。立ち飲みで、一晩に何軒もはしごするのがこの街のスタイル。

バルのカウンターには、ピンチョスと呼ばれる小さく切ったパンに少量のおかずが乗った冷製の軽食が並び、客がビール片手に食事を楽しんでいる。
また、テーブル席もあり、カウンターでなくても、ピンチョスを席に持って行って食べることもできる。(慣れてきたら黒板に書いてある温かいメニューを注文することをオススメしたい。)

周りを見ていると、会計のタイミングは客によってまちまちである。
バルで仲良くなった現地の人に聞くと、担当の店員が決まっていて、店員は誰がどの位の量のピンチョスを食べたのか覚えているらしい。個々のグループに伝票がないにもかかわらず手際よく会計を済ませている。

アンチョビのピンチョスを食べながら、ふと、このまま会計をせずに店を出てしまったらどうなるのか、と思った。
一般的な日本の飲食店において、元々払う意思がないのに、料理を注文し、注文した料理が提供されれば、詐欺罪が成立しうる。いわゆる、無銭飲食。

これは、払う気がないのに、その気があるかのように装って注文し、料理の提供を受けたことが、詐欺罪の成立要件の一部である欺く行為(=注文)と財物の交付(=店員による料理の提供)を構成するからである。

ところが、スペインのバルの場合、料理は既に置いてある。
すなわち、店に対する欺く行為(=注文)も、財物の交付(=店員による料理の提供)もない。
じゃあ、無銭飲食をしても罰せられない…のか…?
あ、でも、意思に反して占有が移転しているから、窃盗かな…

などと考えていたら、妻がワイン片手に、「また法律のこと考えてるでしょ!」と。

…そうだった。新婚旅行に来ているんだった。
旅行中何度かこんなツッコミをされながらも、楽しい休暇を過ごすことができた。

2月 20, 2018

大熊 一毅「ゲームとスポーツ」

去る2017年7月、アメリカはラスベガスで開催された格闘ゲームの世界大会EVO17ストリートファイターⅤ部門で、日本人選手ときどが見事優勝を果たしました。
敗者復活からの優勝、という非常にドラマチックな展開も後押しし、ときど優勝のニュースはyahooニュースのトップを飾ることとなりました。

過去、あくまで娯楽のカテゴリに属していたテレビゲームですが、近年では、このような電子機器を用いた娯楽の競技性に着目し、e-sports(エレクトロニック・スポーツ)と称してスポーツのカテゴリで捉えられるようになってきました。

一流のe-sportsプレイヤーは、企業からのスポンサードを受け、各地で開催される大会に出場して賞金を稼ぐ、いわゆるプロ選手として活動をしています。
先述のときども、プロのe-sports選手なのです。

現状e-sports選手の主戦場は海外であり、日本での更なる盛り上がりを期待したいところです。
なお、e-sportsのコンペティションの開催にあたり、景品表示法、刑法等による法的な障害があることが日本でのe-sports振興を妨げる一因であると言われていますが、それはまた別の機会にお話ししたいと思います。
(私も微力ながら法律家として支援に尽力していきたいと考えています。)

高い競技性と娯楽性を兼ね備え、それでいて少年心をくすぐるe-sports。
是非、一度お試しあれ。

10月 4, 2017

松田 隆宏「主婦休損について」

ある土曜日のこと。妻が友人の結婚式に出席する予定があるということで、私が、1日、1歳半になる息子の世話と家事を引き受けることになった。

午前6時半頃に息子とともに起床し、朝食の準備をして、息子に朝食を食べさせる。納豆はよく食べてくれるが、白米は進まず、苦戦。1時間程度かかってしまう。
午前8時前に、ごみ出しをし、洗濯機を回す。洗濯が終わったら、慣れない手つきで洗濯物を干す。ああ、30分もかかってしまった。この間、退屈している息子に、録画していた幼児向け番組を見せて何とか耐えしのぐ(駄目な父親だ)。
午前10時頃、息子が幼児向け番組に飽き始め、玄関で靴を履こうとする仕草を繰り返すので、息子と近所の公園に出かける。息子と一緒に、公園で鳩を追いかける。

正午前に帰宅し、息子の昼食の準備をして、昼食を食べさせる。昼はレトルトになってしまった。夕食は、ちゃんと自炊するからね。
昼食を食べて少し休憩したら、昼寝のために息子を寝かしつける。私も一緒に少し昼寝。
息子が起きたら、部屋に掃除機をかける。息子がコンセントを抜くというお手伝いをしてくれてなかなか進まない。
午後3時頃、近所のスーパーに息子を連れて夕食の買い物に行く。息子にねだられて、アンパンマンの野菜ジュースを買ってしまった。妻には内緒にしておこう。

午後5時頃、洗濯物を取り込み、夕食の準備をする。さつまいもと白菜、にんじん、豆腐の味噌汁を作った。なぜかもう午後6時だ。あとは、しらすと里芋の煮物だ(出来合いの)。
午後7時頃、息子と一緒に入浴する。最近、一緒に入浴すると、息子は、なぜか私の足だけタオルで洗ってくれる。息子がしゃべれるようになったら理由を聞いてみよう。
午後8時頃、歯磨きを嫌がる息子と格闘し、何とか就寝。やっと1日が終わった。
いや、まだ洗い物とアイロンかけ、洗濯物たたみが残っているではないか。家事労働に定時などない。
午後10時頃、何とか1日の家事を終えたところで、妻が帰宅。

交通事故による損害賠償において、家事労働者の場合には、いわゆる「主婦休損」として、傷害のため、家事労働に影響が生じた期間につき、女性労働者の平均賃金額を元に、家事労働の休業損害として賠償がなされる。
これを金額にすると、1日あたり、1万0211円(平成27年度賃金センサス)になる。
これを高いと思うか、安いと思うかは、人それぞれだと思うが、少なくとも、私は、もう少し高くてもよいのではないか、そう思ったある土曜日の夜であった。

4月 25, 2017

鶴井 迪子「弁護士の役割」

皆さんは、弁護士についてどのようなイメージを持っているだろうか。
弁護士事務所に行くというのはもうよっぽどのトラブルで、おいそれとは相談できない。
弁護士が入ったらもう裁判しか道はなく、相手方と最後までバチバチ戦うことになる。
こんな思いを持っている人は、意外とまだ多いのではないだろうか。

もちろん、我々弁護士が入ったからには、最終的には訴訟等法的手続も厭わないというのが基本であり、ご想像通り相手方に厳しい態度で臨むことも多い。
ただ、紛争というのは本当に千差万別であり、また依頼者である企業や個人の望み悩みもそれぞれである。
依頼者の話と相手方の話を聞いてみると、何のことはない、ちょっとした行き違いで関係が硬直化してはいるものの、双方の見解にそれほどずれはなかったことが分かり、すぐに解決できるといったこともあるし、単に片方があるいは双方が感情的になっていただけで、弁護士が入って落ち着いたことで和解に至るケースもある。
また、訴訟になった場合のメリットデメリットについてそれぞれの弁護士からアドバイスを受けた双方当事者が比較考量を行い、時間をかけて訴訟をするよりここで解決した方が双方にとって良いだろうとの結論に至ることもある。
更に言うと、訴訟を提起した場合でも、裁判所が一方的に下す「判決」まで行かず、双方当事者合意のもとなされる「裁判上の和解」で紛争が終結するケースも多々ある。
人間誰でもできれば他人と険悪な関係にはなりたくないであろうし、争いを好まない日本人の性格も影響しているかもしれない。

我々弁護士は、当然のことながら、争いや勝負をすることが目的ではなく、依頼者の利益のため、紛争解決のために尽力する。相談に来ていただいた依頼者の望みをかなえるにはどんな法的手段が考えられるか、そしてその中からどの手段を取ることが良いのか、弁護士の関与の是非も含め手続的、金銭的、時間的、物理的その他あらゆる観点からアドバイスをさせていただいている。
自らの仕事を敢えて減らそうなどというつもりはないものの、「お金を払って弁護士を入れる前に、もう一度当事者間で●●という話をしてみてください」というアドバイスをさせていただき、結果「当事者間で円満に解決が出来ました、ありがとうございました」というご連絡をいただくこともある。

法律事務所に赴いたら最後、と気負わず、ご自身の企業が抱える問題、個人の皆様にふりかかってきたトラブルでお悩みの事があれば、ぜひ一度相談に訪れていただければと思う。

1月 20, 2017

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 事業再生・事業承継・引退支援
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る