横浜綜合法律事務所 コラム

心に残る事件「試合開始まであと3時間」

弁護士登録をしてから25年が過ぎた。今まで手がけた事件の中に、記憶に残る事件は数多くあるが、最もしんどかった事件といえば、あの事件である事は間違いない。

私は、当時とあるプロスポーツチームの契約書のチェックなどをボランティアでしていた。このチームはサポーターがチームを支えており、その心意気に共鳴したからだ。そしてチームも翌年1部リーグに昇格することがほぼ決定した。ところがある日、当時の社長から、とてもボランティアではお願いできない事態が発生いたしましたとの申し入れがあった。紛争の内容はとても複雑でこの場で説明できるものではないが、簡単に言うと、このチームの運営会社は三人がほぼ等分で株式を所有しており、そのうちの一人が代表取締役となっているが、他の二人が代表取締役を解任し新たなる経営体制に移行したいと要請してきたのである。しかし、この二人は、その時会社の経営には関与しておらず、当時の代表取締役以下会社の従業員はこれに猛反発し、もしそんなことになったらみんな会社を辞めると結束していた。代表取締役が二人の要請を拒否すると、株主総会の開催を要請してきた。これも拒否すると、株主による株主総会開催の請求手続を行ってきた。そこで、これに対抗するため、敵対的増資の手続を取り始めたところ、相手方はネット上で、会社がチームをどこかに売ろうとしているという噂を流した。

このままでは昇格できなくなってしまう可能性があると、みんなで必死に事態の収拾を模索した。そして、最終戦の前日、会社から、「株主三人が株を手放すことで合意した。明日の最終戦の前の午前10時に競技場で合意書の調印をするので、先生にも立ち会って欲しい」と連絡があった。この連絡を受けて私は心底ほっとした。そして、当日、最終戦の観戦を楽しみにして競技場に向かった。

ところが、話は違っていた。合意など何も出来ていなかった。相手方は二人とも株を譲る気などないという。法律的には、3分の2の株主の賛成があれば、取締役の選任、解任は自由であり、会社側の負けは確実である。さあ困ったなあと思っていたところ、試合開始までに何とか話をつけて欲しいと頼まれた。試合開始は午後1時。あと3時間しかない。交渉場所は、試合会場の本部。試合関係者等他の人がひっきりなしに出入りする。双方の関係者もたくさん成り行きを見守っている。衆人環視の中でこの絶望的な交渉か・・・と天を仰いだ。しかし、逃げるわけにはいかない。この日、私の中では午前10時に試合開始のホィッスルが鳴ったのである。

交渉の詳細をここに書くことはできないが、幾度となく怒号や泣き声が飛び交うタフな交渉だった。交渉が開始されてから2時間以上経過したときだったと思うが、このまま交渉が決裂したらどうなるかという話になった。私が相手方に「そうなったら、今日の交渉に至るまでの経過、今日の交渉でどんな話がされたかをマスメディアに公表するだけだ」と言った。もし、君たちがこのチームを奪い取り、それが法律的に許されるとしても、本当に社会がそれを許すのか、君たちがそれを受け止め、チームを責任持って運営する覚悟があるのか、その覚悟を問うたつもりであった。

結局、相手方は、株主三人が全ての株を無償で手放すことに同意した。この人たちは、社会から非難を受けてもなお、チームのオーナーとして責任を持って経営する覚悟があるのだろうか。交渉をしている中で、私がふと感じた疑問が、解決の突破口となったのである。数枚の合意書を作成し、全て調印が終わったのが12時45分。試合開始15分前であった。

今ではこの会社は株主構成も社員もほとんど入れ替わり、社内でこの事件の当時を知る者はほとんどいないと思う。記録には残っていないかもしれないが、私の中には頑張って会社とチームを守ったというひそかな満足感が残っている。

7月 26, 2021

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 事業再生・事業承継・引退支援
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る