横浜綜合法律事務所 コラム

大熊 一毅「ゲームとスポーツ」

去る2017年7月、アメリカはラスベガスで開催された格闘ゲームの世界大会EVO17ストリートファイターⅤ部門で、日本人選手ときどが見事優勝を果たしました。
敗者復活からの優勝、という非常にドラマチックな展開も後押しし、ときど優勝のニュースはyahooニュースのトップを飾ることとなりました。

過去、あくまで娯楽のカテゴリに属していたテレビゲームですが、近年では、このような電子機器を用いた娯楽の競技性に着目し、e-sports(エレクトロニック・スポーツ)と称してスポーツのカテゴリで捉えられるようになってきました。

一流のe-sportsプレイヤーは、企業からのスポンサードを受け、各地で開催される大会に出場して賞金を稼ぐ、いわゆるプロ選手として活動をしています。
先述のときども、プロのe-sports選手なのです。

現状e-sports選手の主戦場は海外であり、日本での更なる盛り上がりを期待したいところです。
なお、e-sportsのコンペティションの開催にあたり、景品表示法、刑法等による法的な障害があることが日本でのe-sports振興を妨げる一因であると言われていますが、それはまた別の機会にお話ししたいと思います。
(私も微力ながら法律家として支援に尽力していきたいと考えています。)

高い競技性と娯楽性を兼ね備え、それでいて少年心をくすぐるe-sports。
是非、一度お試しあれ。

10月 4, 2017

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る