横浜綜合法律事務所

不動産・借地借家「家賃不払いへの対処」

近時、不動産の中でも、大家さんからの家賃不払いに関する相談が増えています。
家賃不払いは債務不履行(契約違反)にあたるので、それを理由に賃貸借契約を解除した上で、賃借人に立退きを求めることができます。
民法では、債務者(賃借人)に債務不履行がある場合、債権者(大家さん)は相当期間を定めて履行を催告し、期間内に履行がないときは契約を解除できる、と定められており、実務では内容証明郵便で上記内容の通知を発送します。
解除されると賃貸借契約は消滅するので、大家さんは賃借人に立退きを求めることができます。この場合、賃借人に非があるので、立退料等を支払う必要ありません。賃借人が任意に立ち退かない場合には、訴訟を提起することになります。さらに、判決が出ても賃借人が立ち退かない場合には、強制執行の手続きをとる必要があります。
なお、立退きに加え、未払い賃料の請求もできますが、資力のある連帯保証人が付いているような場合を除き、現実に回収することは困難です。

12月 8, 2014

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る