横浜綜合法律事務所

交通事故「自転車の交通事故」

新しい判例 神戸地裁平成25年7月4日判決

神戸地裁が、11歳男子が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償請求訴訟で、11歳男子の母親に、損害額約9500万円の支払を命じました。
自転車での加害事故により、加害者に高額の賠償が命じられた判例は少なくありません。
自動車と異なり、自転車の保険は加入義務がないことから、加害者の多くは保険に未加入で、自転車での加害事故により高額の賠償が命じられた場合、自己破産に至る事例が報告されており、自転車の保険制度拡充を目指した動きも出始めているようです。
自転車も道路交通法では「軽車両」として自動車と同じ扱いです。道路での走行方法も定められており、違反すれば罰則もあります。自転車も危険な乗り物であることを十分に認識して、自動車を運転しているのと同じような緊張感を持って慎重に走行しましょう。

12月 12, 2013

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る